aws-cliでEC2インスタンスを作成するときのメモ

毎回ググってる気がするのでメモ。

準備

使用するツール

aws-cli

インストール

$ pip install awscli

プロファイル設定

$ aws configure --profile ${プロファイル名}

アクセスキーID、シークレットアクセスキー、デフォルトリージョン、出力フォーマットを指定。 出力フォーマットはだいたい json にしてる。 jq コマンドで使うので。

EC2インスタンス作成

キーペア作成

(必要であれば)

$ aws --profile=${プロファイル名} ec2 create-key-pair \
    --key-name ${新規キー名} \
    --query 'KeyMaterial' \
    --output text \
    > $HOME/.ssh/${保存する秘密鍵のファイル名} \
    && chmod 400 $HOME/.ssh/${保存する秘密鍵のファイル名}

インスタンス作成

設定するSecurityGroupとSubnetを事前に調べておく

$ aws --profile=${プロファイル名} ec2 describe-security-groups | jq -c ".SecurityGroups[] | [.GroupName,.GroupId]"
$ aws --profile=${プロファイル名} ec2 describe-subnets | jq -c ".Subnets[] | [.Tags[0].Value,.SubnetId]"
aws --profile=${プロファイル名} ec2 run-instances \
	--image-id ami-923d12f5 \
	--instance-type t2.micro \
	--key-name ${新規キー名} \
	--security-group-ids ${SecurityGroupのGroupID} \
	--subnet-id ${SubnetのSubnetID} \
	--monitoring Enabled=true

インスタンスIDを控えておく。

インスタンスに名前を付ける

$ aws --profile=${プロファイル名} ec2 create-tags --resources ${インスタンスID} --tags Key=Name,Value="${インスタンス名}"

Categories:

Published: